#

管理業務主任者 試験ガイド

独学用の推薦テキスト&問題集

このページでは独学で管理業務主任者試験の勉強をする方へ向け、最適な参考書を紹介したいと思います。より優れた教材を使って基本事項の理解を徹底し、過去問題を繰り返し演習して合格を勝ち取ってください!

さて教材購入の前に自分に確認しておくことがひとつあります。それは、同じ年度末に管理業務主任者とマンション管理士のW取得を目指すのか、それとも管理業務主任者一本に絞るのかということです。

W取得なら、テキストは両方の資格に対応しているものがベターですが、管理業務主任者のみがターゲットならば両試験に対応している参考書はムダといえます。

テキストと過去問集は別々に一冊ずつ容易しましょう。テキスト+過去問と一冊にまとめられた教材は便利なようですが、中途半端な感が否めません。
また試験対策用教材でなくとも身近な事例や興味のある分野の参考書から入るのも良い始め方です。

そのほか一般に言われていることに、図説がたくさん使われていて、視覚的に学習できる教材がよいなどの、テキスト選びの基準があります。
しかし結局最後の決めどころは、内容の充実を前提にした上で、本人が使いやすいと感じるかどうかだと思います。手間でも書店で比較検討した上で(ネットで買わない)、気に入ったものを購入しましょう。

管理人の推薦書は以下の通りです。

【基本テキスト】

『楽学マンション管理士』(住宅新報社)

イラストや図解が豊富に使われていて、マンション暮らしの経験がない人にもよくわかる、管理業務主任者試験用の決定版基本書です。巻末には、マンションに関する統計資料、「マンション標準管理規約」「マンション標準管理委託契約書」も収録されています。

『マンション管理の知識』(マンション管理センター)

マンション管理に関する法律及び実務、マンションの構造及び設備、管理組合の運営等に関する知識を体系的かつ総合的に解説したマンション管理の基本書です。

『マンション管理士・管理業務主任者超速要点整理』(住宅新報社)

宅建や行政書士など不動産関係の国家試験の教材で定評のある住宅新報社の一冊です。

『不動産教科書 管理業務主任者 完全攻略ガイド』(翔泳社)

管理業務主任者試験の初学者の方が、試験合格に必要な知識を効率よく修得できる構成になっています。

【問題集】

『管理業務主任者過去問題集』(TAC出版)

※過去問を学習する上で、どのような順序や方法を採るのが最も効率がよく、効果的かを十分踏まえて作成されています。

『管理業務主任者模擬試験問題集250問』(三修社)

※本問題集の5回分の模擬試験集。問題の配列もボリュームも、難易度も、本試験同様に作成されています。

上記のなかで、マンション管理センター出版の『マンション管理の知識』だけは、試験対策用の書籍ではありません。でも絶対購入することをお薦めします。マンション管理士と管理業務主任者の仕事が詳細に解説されています。少しボリュームはありますが、試験勉強を始める前の入門書として読むのもいいですし、過去問演習時の疑問解消にも最適です。
通学講座や通信講座を利用して勉強する方も、手元に揃えておきたい一冊です。


≪ 前のページへ  次のページへ ≫