#

管理業務主任者 試験ガイド

管理業務主任者の勉強時間、量や使い方

管理業務主任者の試験で困ることに、勉強時間を取り上げる意見を、最近に入ってからときどき見かけるような気がします。受験勉強がうまくいかない理由に、勉強時間を理由にする意見もどういうわけか多めに見ているかもしれません。

管理業務主任者の勉強時間は、合計したら300~400時間くらいはかけたほうが無難でしょうか。私の場合は、トータルでももう少し少ない時間だったと思うのですが。300時間なんて聞くと、「とても多い」と感じられるかもしれないですね。だから、重荷に感じる人が多いのかもしれませんが、半年くらいかければ、そんなに負担にはならないと思います。

「3~4ヶ月くらいで受かりたい」というのは確かに厳しいと思います。夏に入ってから、管理業務主任者の受験をしたくなった場合は、1発で受かろうとするのは避けて、2年目の合格を狙ったほうがいいかもしれないですね。しかし、梅雨どきの少し手前くらいの時期までだったら、あまり毎日たくさんの勉強時間をとらなくても、合格は狙えると思います。最初のうちは、1日1~2時間程度でも大丈夫ですから。

それと忘れないうちに、他人の合格体験談からわかってきた、勉強時間の極意を教えたいと思います。私は、なるべく机に向かう時間をきちんと決めていたのですが、それでも時間が足りない日は教材を持っていって外でも使いました。案外と、「教材を持って行って外でも空いた時間に勉強する」というやり方は効果があるようですね。その手で管理業務主任者に合格したという意見をけっこう聞くようになりましたから。

あとは、夜帰ってきてから強引に勉強しようとする手は、やめたほうがいいのではないでしょうか? 私も途中から、朝少し早く起きて勉強するようになりました。この方法のほうが、意外と安定して勉強時間を取れると思います。帰ってきてから勉強しようとしても、時間が不安定になりますね。それに疲れている頭で無理してがんばっても、あまりはかどらないと思います。皆さんにも、勉強時間をどうやってつくるのかよく考えてみてほしいです。


≪ 前のページへ  次のページへ ≫