#

管理業務主任者 試験ガイド

管理業務主任者の求人は、試験合格の前から見ておこう

管理業務主任者は、マンション管理業務を事業とする企業や組織に入って仕事をするのが普通です。ここで大事なことはあくまでも、「雇用される」という部分です。

ようするに、「仕事の依頼や発注をされての契約」ではありません。一事業者として契約するのではなく、労働契約をして従業員として仕事をします。そこがマンション管理士との決定的な違いです。

結局、管理業務主任者に合格したら、雇ってくれるところを探さないといけません。求人を探して就職活動をする時期が発生します。ただし、求人の探し方について無頓着なまま受験勉強を続けていると、思わぬところで足元をすくわれたような気分を、あとで味わう羽目になるかもしれません。

実際に少し、各々の志望者が地元で管理業務主任者の求人を探すと、どうなるでしょうか? けっこうなギャップが出てくるのではないかと推測されます。マンションという住宅は全国各地にありますから、どこに行っても管理業務主任者の需要はあるはずですが、だからといって求人の数は一律ではありません

たとえば、いまどきのハローワークでは、どこでも大規模な検索システムをサービスに入れています。これを使って探してみてもいいですし、地元版の求人雑誌、あるいは地名と「管理業務主任者」の資格をキーワードにして通常のネットリサーチを試してもいいでしょう。それで、あまり求人が出てこないなら、「合格後にどうやって就職するのか」そこを早めに計画していくにこしたことはありません。とにかく大事なことは、「管理業務主任者の資格は、全国各地で潜在的な需要が高い、マンション管理のスキルを証明するありがたい資格」でありながら、「管理業務主任者の試験に合格したら、自動的に就職の成功が約束されるわけではない」ということです。


≪ 前のページへ  次のページへ ≫