#

管理業務主任者 試験ガイド

管理業務主任者の求人探しをする前に知っておく知識とは

管理業務主任者の試験に合格したら、もちろんそれを使って就職したいと思うのが当たり前。ただし、求人を探したり応募したりする段階で、もたついてしまう可能性があることも忘れてはいけない事実です。

ここでは、これから管理業務主任者を狙う人たちのために、求人のチェックや利用に関するちょっとしたコツや豆知識をご紹介したいと思います。

・実務講習と登録の前後

求人数が限られている場合もあるため、早めに就職活動をすすめる意見も少なくないはず。とはいえ、管理業務主任者の実務講習や、それが済んでからの登録と主任者証の交付には時間がかかります。それが終わるまでの間、預貯金等で暮らせる人もいればアルバイト等をしないといけない人もいるでしょうし、この時期に求職活動を行うかどうかは人それぞれです。
ただし、まだ正式な登録が終わっていない段階で就職活動をすることに不安を感じる人はいるでしょう。確かに、企業へのPRがしづらくなりますが、あえてこの時期から活動するなら、講習を受けていることや登録を待つ段階であることをきちんと説明するべきです。

・「マンション管理」と、はっきり銘打った求人が見つからない場合

不動産業界の求人を見ていても、「管理業務主任者」の資格保持者を求める求人が出てこなかったり、マンションの管理等をやっている団体からの募集でも他の名目で人を募集していたり、といったケースになることもよくある話です。全然違う仕事に応募するのは、無意味に思えるかもしれませんが、「最初は他の仕事を中心に頼まれるものの、あとからマンション管理業務に移行」といったパターンも実はあります。
もちろん、全然マンション管理の仕事をさせる気がない企業を受ける必要はないですが、質問を活用するなどして、マンション管理の仕事に回さられる可能性を聞き出したり、「最初のうちは他の仕事も精いっぱいやりたいです」といったPRを面接の際にしたりすることも大切です。

・コンサルティング会社の利用

これはマンション業界・不動産業界に限定される特徴ではありませんが、企業はおおっぴらに求人を出さずに、人を探すことも今時分では当たり前です。特に、企業の規模が大きくなるほど、転職コンサルティング会社をよく使っているもの。こうした会社に登録して、コンサルタントに自分の資格や希望を伝えておけば、非公開求人という形でいい案件を回してくれる可能性が出てきます。


≪ 前のページへ  次のページへ ≫