#

管理業務主任者 試験ガイド

管理業務主任者試験の結果を過去問が変えてしまう

専門性が高くて、日常生活では知る由もない情報が大量に問題に出てくるのが、管理業務主任者試験の困ったところでしょう。

そんな楽には溶け込めない管理業務主任者の資格試験ですが、結局は暗記に依存する部分が大きいですね。
「暗記」なんて書くと、「ガリ勉」しないと無理だというイメージが強いですが、この部分に救いの道があります。

必要なことを正確に覚えて使いこなせるようになれば、誰にでも管理業務主任者合格のチャンスが浮上するのです。

管理業務主任者の試験は、「過去問」をひたすら反復演習すれば合格できる試験といえるでしょう。
テキストと過去問、あとはCDやDVDといったメディア教材を紙の教材とセットで使うことに注意するくらいです。過去問をよく読んでよく解いて、問題の性質に自分を順応させていくことが、ただひとつの必勝法といえるでしょう。

もちろん、過去問の質には配慮が必要ですね。最高レベルの過去問を入手していないと学力は養えません。

・問題の量がじゅうぶんに収録されている
・わかりやすい解説が付随している
といった、必須のポイントが守られているだけではありませんね、
・知識の応用の仕方まで説明されている
・絶対に解けないといけない問題とそうでない問題の違いが明示されている
解答速度向上のため、解答する時間の目標が親切に書いてある
といったポイントまで徹底されている過去問を手に入れることが、要といえますね。


≪ 前のページへ  次のページへ ≫