#

管理業務主任者 試験ガイド

教育訓練給付制度について

■ 会社員なら利用できる可能性が高いお得な制度


管理業務主任者試験の勉強は、独学だと正直なところ時間がかかると思います。
しかし、「お金がないから独学」という人も多いのではないでしょうか。
ただ、独学で合格まで何年も時間をかけてしまうと、その間の教材の費用や、資格があればもらえたはずの手当てなど逃してしまう収入を考えればよほど高くつくとも言えます。

そこでお勧めなのが、通信講座です。
通信講座には、質の高い講義を通学よりも安く受講できるものが結構あります。
<推薦資格スクール>を参考に探してみてくださいね。

さらに、講座受講料の20%、上限10万円が戻ってくるお得な制度を使えば、より費用を抑えて勉強できます。
その制度とは、「教育訓練給付金」です。
会社員であれば、ほとんどの人が給付対象になるので、一度チェックしてみてください。
では、詳しく概要を確認していきましょう。


■ 教育訓練給付金をもらうには


教育訓練給付金をもらうためには、
 1.給付対象になっている人が
 2.給付対象講座等を修了し、
 3.請求する
という3つの要件を満たす必要があります。

給付対象者の要件は次の通りです。
 ● 原則として雇用保険の被保険者であること
 ● 被保険者期間が1年位以上あること
 ● 以前にも教育訓練給付金をもらったことがある人の場合、
  前回の給付から今回の受講開始日前までに3年以上被保険者期間があること

会社員であれば、ほとんどの場合雇用保険の被保険者なので、期間を満たしていれば対象者になれます。

しかし、給付対象に指定されている講座等を修了しなければ給付金はもらえないので、ハローワークで指定講座の一覧が閲覧できる他、検索システム(http://www.kyufu.mhlw.go.jp/kensaku/T_K_kouza)もあるので探してみましょう。
また、受講してみたい講座が具体的に決まっていれば、運営団体に問い合わせるのも良いでしょう。
たいていの場合、ホームページなどに指定講座が明記されているので、そこから探しても良いと思います。
ただ単に受講するだけでなく、「修了」しなければいけないので、講座ごとの修了基準も合わせて確認しておきましょう。

そして、請求ですが、ハローワークで簡単に手続きできます。
ホームページで詳しく案内されているので、チェックしておきましょう。 (https://www.hellowork.go.jp/insurance/insurance_education.html

試験に合格するのが目的で、給付金をもらうのはおまけみたいなものですが、真面目に勉強しないと給付金はもらえないので、勉強のモチベーションにもなりますね。
この制度を利用して、お得に合格を掴んでください。


≪ 前のページへ  次のページへ ≫