#

管理業務主任者 試験ガイド

より管理組合サイドに立ち機能する、マンション管理士

このページでは、管理業務主任者資格試験と隣接する、マンション管理士の仕事について解説します。ここでもう一度、税理士の一人二役、「現場の処理」と「運営コンサルティング」の例えを思い出してみましょう。マンション管理業務において、マンション管理士が担う役割は主に後者、(管理組合の)運営とコンサルティングでした。

管理業務主任者もマンション管理士は、どちらもマンション管理に携わるという点で同じです。しかし大きく異なる点が1つあります。それは「立場」のちがいです。

構図として見ると、 

マンション管理組合←→マンション管理士←→業務管理主任者(管理会社)

という関係が成り立ちます。マンション管理士は、管理組合と管理会社を仲介する立場にあり、どちらかといえばより管理組合サイドに立ち、さまざまな問題に対応します。

ここで、マンション管理士の役割一般を整理してみましょう。

<管理組合の運営補助>

・総会、理事会などの運営
・マンションにかかわる相談への指導、助言
・管理費、修繕積立金の会計監査
・管理費などの滞納者に対する対応
・空き駐車場などの共有部分の有効活用
・予算案の作成、改定案の作成
・管理組合広報代行など

<管理規約の立案と改正>

・管理規約、使用細則の原案の作成
・現行管理規約の見直し

<マンション管理会社への対応>

・管理会社の業務監査
・現行管理委託契約の見直し
・管理委託会社の選定や変更

<修繕対応>

・長期修繕計画作成の補助
・大規模修繕工事推進の補助
・上記に対する勉強会の開催

<住民間のトラブル対応>

・ペット問題
・騒音問題
・駐車場問題
・漏水問題

などがマンション管理士のカバーする業務の一般です。
マンション管理士は、専門的知識をもって管理組合の運営に携わります。また建物構造上の技術的問題等マンションの管理に関して、管理組合の管理者等又はマンションの区分所有者等の相談にも応じ、助言、指導その他の援助を行います。
そして管理業務主任者の仕事と比べてみると、マンション管理士の業務の方が、ソフト面(住民の方々の意見の総意を取る、人間関係で発生する問題に対応する等)への対応がより色濃くなっているのがおわかりいただけると思います。

マンション管理士の役割の本質は、「建物の問題を解決するために、人のあいだの調整を計る」ことにあります。最も大きな総意の場は、管理組合の代表者(理事)のみなさんが集まる理事会です。この場でマンション管理士はオブザーバーとして機能します。そして理事会での決議をブレークダウンして、個々の業務に落とし込みます。
そして建物の定期修繕・長期修繕などの実施の場面等で、マンション管理会社(管理業務主任者)と接点を持つことになります。


≪ 前のページへ  次のページへ ≫